【結論:揺れるときは揺れる】おすすめのクルーズ船酔い対策

スポンサーリンク
お役立ち情報

クルーズ未経験の方から必ずと言っていいほど聞かれる質問があります。

「船酔いが心配なんです。クルーズ船って揺れませんか?」

これは一言で答えるのは難しくて

揺れるときは揺れるし、揺れないときは揺れない。時と場合による。心配してもしょうがない(笑)

となってしまいます。

今回は初めてのクルーズ旅行で心配な船酔いとその対策についてまとめました。

船の揺れに影響するのは船のサイズと天候

船の揺れに大きく影響するのは

  • 船の大きさ
  • 航行エリアの天候

2つの要因があります。

一つずつ解説していきましょう。

大きな船は揺れにくい

現代の客船には「フィン・スタビライザー」と呼ばれる揺れ防止装置がついていますし、揺れにくい構造設計になっています。

ただし海に浮かんでいる以上、全く揺れない船は存在しません。

とは言え大きな客船ほど揺れにくい。逆に小さな客船ほど揺れやすいというのはあります。

大型客船であれば慣性の法則で揺れにくくなります。逆に日本船のような比較的小さい船は揺れやすいです。

実際に私も大型船・小型船と色々と乗りましたが、体感的にも間違いありません。

なので船酔いが心配な方はなるべく大きな船を選んだほうが安心でしょう。

航行エリアの天候

あとこれを言っちゃうとおしまいなんですけど、「船の揺れは運。結局は時と場合による」です。

強風が吹いて海が荒れていれば大きな船でもある程度揺れますし、海が穏やかなら小さな船でも全く揺れません。

時期を選べるなら海が落ち着いて一番揺れにくい春と秋がクルーズのおすすめシーズンです。

逆に冬は波が高く・夏は台風が頻発するので避けたほうがいいかもしれません。

特に夏の日本近海は台風が頻繁に発生しますし、それに伴う低気圧が原因でかなり揺れることがあります。

とはいえ「これは転覆する!!」みたいな揺れはさすがに感じたことはありません(笑)

そこまでの天候が予想されるときは、そもそもクルーズ自体がキャンセルになったり、航路変更で対応したりします。

おすすめの船酔い対策

というふうに・天候や船の特性など要因が重なって揺れることもまああるわけです。

まずは酔い止め薬を服用するのが基本対策となります。

ほとんどのクルーズ客船では船内で無料の酔い止め薬を配っているので、船酔いする前に飲んでおきましょう。

また、医務室で酔い止めの注射を打ってもらうのもおすすめ。1回1,000円程度しますが、効果抜群です。

もともと船酔いしやすいという方は睡眠不足や疲れが溜まっている時は酔いやすくなるので、いつもより多めの睡眠を取って体調管理にも気をつけましょう。

他にも

  • 衣類(ベルトも含め)を緩める
  • 遠くの景色を眺める
  • 空腹/食べ過ぎを避け、水分をたくさん取る
  • 酔い止めバンドを身につける

などの予防対策もあります。

せっかくのクルーズが船酔いで楽しめなかったなんて最悪ですよね。

ぜひ今回紹介した対策を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました