【総費用200万】ピースボート世界一周料金いくらかかるか計算してみた

スポンサーリンク
ピースボート
ピースボートが2021年から新チャーター船「パシフィック・ワールド号」による世界一周クルーズを行うことを発表しました。

本来は2020年4月から「オーシャン・ドリーム号」と「ゼニス号」での2隻体制となるはずでしたが、新型コロナウイルス感染拡大影響を受けクルーズは全て中止となってしまいました。

そこでピースボートはコロナ時代に対応した新たなクルーズスタイルを確立するために「パシフィック・ワールド号」での一隻体制への変更を決定。

発表されたばかりのパシフィック・ワールド号世界一周クルーズの行程・料金など気になるポイントをまとめました。

【2021年就航】ピースボート「パシフィックワールド号」料金・行程まとめ

2020.09.18

誰もが街なかで一度は目にしたことがあるピースボートのポスター。

料金設定が100万円台前半からと破格の値段で世界一周クルーズの旅に参加できるということで人気を集めています。

そんなピースボート100日間の世界一周クルーズでどの程度のお金が必要だったか計算してみたところ1人約200万円弱でした。

船旅にかかる費用は乗船前の準備から旅行中の出費などいろいろとかさんできます。どうやってこの数字をはじき出したのか分かりやすく詳細に解説しているのでぜひご覧下さい。

ピースボートの実態は宗教?実際に乗ってきたので評判・正体を大公開

2019.01.26

ピースボート基本料金

まずはピースボート世界一周旅行の基本旅行代金から見ていきましょう。現時点で発表されている世界一周クルーズそれぞれの料金を以下にまとめました。

参考:ピースボート公式サイト

第105回 ヨーロッパ&南太平洋コース

第105回 ヨーロッパ 南太平洋コース

日程
  • 2020年8月19日(水)~2020年12月3日(木) 横浜発着107日間
  • 2020年8月20日(木)~2020年12月4日(金) 神戸発着107日間
フレンドリータイプ
(1人4人相部屋申し込み)
¥1,390,000~¥1,720,000
ペアタイプ
(2人申し込み)
¥1,980,000~¥4,030,000
セミシングル
(1人2人部屋申し込み)
¥2,22,000~¥2,530,000
シングルタイプ
(1人シングル申し込み)
¥2,970,000~¥3,490,000
別途諸費用
  • ビザ取得代金合計 ¥30,590
  • ポートチャージ合計 ¥43,200
  • チップ合計 ¥53,500

第106回 アフリカ・南米・オセアニアコース

第106回 アフリカ 南米 オセアニアコース

日程
  • 2020年12月13日(日)~2021年3月30日(火) 横浜発着108日間
  • 2020年12月14日(月)~2020年3月31日(水) 神戸発着108日間
フレンドリータイプ
(1人4人相部屋申し込み)
¥1,390,000~¥1,720,000
ペアタイプ
(2人申し込み)
¥1,980,000~¥4,030,000
セミシングル
(1人2人部屋申し込み)
¥2,220,000~¥2,530,000
シングルタイプ
(1人シングル申し込み)
¥2,970,000~¥3,490,000
別途諸費用
  • ビザ取得代金合計 ¥28,547
  • ポートチャージ合計 ¥43,200
  • チップ合計 ¥54,000

第107回 初夏の北欧・ヨーロッパコース

第107回 初夏の北欧 ヨーロッパコース

日程
  • 2021年4月6日(火)~2021年7月21日(水) 横浜発着107日間
  • 2021年4月7日(水)~2021年7月22日(木) 大阪発着107日間
フレンドリータイプ
(1人4人相部屋申し込み)
¥1,390,000~¥1,690,000
ペアタイプ
(2人申し込み)
¥1,980,000~¥3,950,000
セミシングル
(1人2人部屋申し込み)
¥2,180,000~¥2,480,000
シングルタイプ
(1人シングル申し込み)
¥3,170,000~¥3,650,000
別途諸費用
  • ビザ取得代金合計 ¥20,400
  • ポートチャージ合計 ¥52,200
  • チップ合計 ¥53,000

第108回 地中海・中南米コース

第107回 初夏の北欧 ヨーロッパコース

日程
  • 2021年8月21日(土)~2021年12月6日(月) 横浜発着108日間
  • 2021年8月22日(日)~2021年12月7日(火) 大阪発着108日間
フレンドリータイプ
(1人4人相部屋申し込み)
¥1,390,000~¥1,690,000
ペアタイプ
(2人申し込み)
¥1,980,000~¥3,950,000
セミシングル
(1人2人部屋申し込み)
¥2,180,000~¥2,480,000
シングルタイプ
(1人シングル申し込み)
¥3,170,000~¥3,650,000
別途諸費用
  • ビザ取得代金合計 ¥28,550
  • ポートチャージ合計 ¥43,200
  • チップ合計 ¥54,000

第109回 オセアニア・南米大陸ワールドクルーズ

第109回 オセアニア 南米大陸ワールドクルーズ

日程
  • 2021年12月27日(月)~2022年4月13日(水) 東京発着108日間
フレンドリータイプ
(1人4人相部屋申し込み)
¥1,390,000~¥1,690,000
ペアタイプ
(2人申し込み)
¥1,980,000~¥3,950,000
セミシングル
(1人2人部屋申し込み)
¥2,180,000~¥2,480,000
シングルタイプ
(1人シングル申し込み)
¥3,170,000~¥3,650,000
別途諸費用
  • ビザ取得代金合計 ¥10,440
  • ポートチャージ合計 ¥39,600
  • チップ合計 ¥54,000




結局ピースボート世界一周料金はどのくらいかかるか

以上見てきた通りだいたい基本料金は最安値¥1,390,000~となっています。これは4人相部屋に申し込んだ場合の料金です。

夫婦参加で2人部屋を利用する場合や1人参加でシングル部屋を利用するとなれば料金は高くなりますが、それでも飛鳥2のような船に比べたら破格の値段なのは間違いありません。

また部屋タイプによっては早期申込み制度もあり、場合によっては10%~20%程度料金が割り引かれることもあります。

クルーズ料金とは別途、ビザ取得代金・ポートチャージ・チップ等の諸経費も発生しますが、これはクルーズによって多少違ってきます。だいたい全部合わせて10万円くらいになるかと思いますが、基本料金とは別に必ず発生するものなので予算の考慮に入れておく必要があります。

旅行に伴って、下のリストのあるように旅行前にも多少の費用がかかるでしょうし旅行中は様々な出費が発生します。

  • パスポートの取得・更新
  • 予防接種の費用
  • 海外旅行保険代
  • スーツケース購入
  • 港までの交通費
  • ダイニング時のアルコール
  • レストラン、バー、ラウンジなどでの飲み物
  • ランドリーサービス
  • 有料レストランでの飲食
  • オプショナルツアー
  • マッサージ・美容室などの利用
  • インターネット・電話の利用
  • ショッピングなど個人的費用

詳しくはこちらの関連記事に詳細に記しているので一度目を通していただきたいのですが、一人あたり最低50万円〜くらいは用意していたほうが安心でしょう。

【世界一周クルーズ費用まとめ】豪華客船の旅にいくら必要か計算してみた

2020.02.02

そうすると例えば、最安値の相部屋を申し込んだとして、ざっくり計算してみると

  • 基本料金 1,390,000円
  • ビザ・ポートチャージ・チップ 100,000円
  • その他諸経費 500,000円

合計2,000,000円弱くらいの予算になります(早割は考慮していません)。

肌感覚としてもだいたい妥当な金額だと思います。もちろんぎりぎりに切り詰めて船内で有料サービスをほとんど利用しなければいくらでも下げることができます。

洗濯は全て手洗いにするとか、寄港地ではツアーに参加せずに自由行動に徹する、インターネットは寄港地のフリーWiFiを利用する等いろいろと手はあります。

1日3回の食事(+アフターヌーンティーなんかもある)は全て基本料金に含まれていますから、お腹を空かせることはありません。むしろ太ることを心配すべきです。船内では常にたくさんの無料イベントが開かれていますし、退屈することもありません。

そう考えるとやっぱり100万円台で世界一周の船旅を経験することができるのは破格の値段ではないでしょうか。

まとめ

今回はピースボートで行く世界一周の船旅にどのくらいお金がかかるのかざっくりですが計算してみました。

繰り返しになりますが、目安として基本料金に最低でも50万円くらい足した金額がかかると考えて良いでしょう。

自分が乗船したときの感想や船内の様子をかなり詳細にまとめているのでぜひご覧ください。

ピースボートの実態は宗教?実際に乗ってきたので評判・正体を大公開

2019.01.26

コメント

タイトルとURLをコピーしました