クルーズに行きたいけど英語が不安 どのくらい話せればいいのか?

スポンサーリンク
お役立ち情報
1月30日(月)までの期間限定でみんなの銀行紹介コード「cxKPIYca」と新規口座開設でもれなく3000円もらえるキャンペーン開催中。

ノーリスクで必ずお金がもらえるお得な口座開設キャンペーンです。ぜひやってみて下さい。

面倒な書類送付は一切なし、スマホで口座開設は10分程度で終わります。詳しい手順はこちらにまとめています。

みんなの銀行紹介コード&口座新規開設でもれなく1500円もらえる

2022.01.22

クルーズに行ってみたいけれど英語がしゃべれない・・・。楽しめるかな・・・?

そんな不安をもたれている方もいらっしゃるのではないでしょうか

自分もクルーズが大好きで年に2~3回は船旅にでかけます。

そして必ず目にするのが、おばちゃん・おじちゃんが英語で外国人クルーと笑いながら会話してたり、ハウスキーパーやレストランスタッフとちゃんとコミュニケーション取れてるところなんですよね。

外から見るとめちゃくちゃな英語なんですが(笑)、ものすごく楽しそうにしているんですよね。

海外クルーズに一人で参加でもしない限り、クルーズで言葉の心配をする必要はありません。

今回はそんなお話です。

日本船では英語の心配は不要

「飛鳥2」「にっぽん丸」「ぱしふぃっくびいなす」といった日本船は日本人の乗組員が多いので言葉の心配は不要です。

外国籍のクルーが接客することもありますが、専用の研修施設で日本語教育を受けてているので、片言の日本語だったり単語ベースであれば意思疎通もそんなに難しくないと思います

「本当に困った」ってときはすぐに日本人スタッフが駆けつけてくれるので安心です。

日本発着の外国船も大丈夫

「コスタセレーナ」「ダイヤモンドプリンセス」といった、日本発着クルーズを行っている外国船もそう心配する必要はありません。

これらの船は長年日本発着クルーズを行っていて、外国人クルーも日本人向けのサービスに慣れていますし、最低限の挨拶や数字くらいなら通じます。

日本船と比べると人数は少ないですが、日本語スタッフも乗船してますし、船内新聞・メニュー・アナウンスもすべて日本語です。

それでもちょっと心配だなあ・・・という方は、旅行会社の添乗員付きツアーの利用をおすすめします。

乗船前から下船までしっかりフォローしてくれますし添乗員さんも船旅慣れしている方も多いので安心です。

また大きな旅行会社(例:JTB・近畿日本ツーリスト・クルーズプラネットなど)は船内にツアーデスクを開設していることもあります。

一度のクルーズで数百人も送客することもあるので、その旅行会社のお客さん専用のヘルプデスクを船内に設置しています。

旅行会社の方が在中していたり、専用の電話回線を設けているところもあり、言葉の心配はほぼありません。

英語ができなくても

ということで日本発着クルーズの場合、言葉の心配はしなくて大丈夫です。

英語できないならできないなりのなんちゃって英語でもだいたい意味は通じますし、そもそも母国語を英語としないクルーがほとんどです。

お互い何言っているのかわからないこともあるかも知れませんが、ジェスチャーや表情で伝えるコミュニケーションもあり。

それはそれで面白いと思います(笑)

英語ができるとさらに楽しめる

とはいえ、英語ができるとクルーズの楽しみが広がるというもの間違いありません。

たとえば毎日顔を合わせることになるハウスキーパーやレストランスタッフとはお互い自己紹介しておく。

相手の名前、どこの国から来たの?どのくらい働いてるの?とかそういう簡単な会話からスタートすればOKです。あちらも嫌な気にはならないでしょう。

相手はクルーに限りません。海外から参加されるお客さんもたくさんいますから、食事やツアーで一緒になったときに英語ができれば、それはそれでまた一つの楽しみだと言えます。

それでも難しい単語まで知っておくお必要はありません。

簡単な日常英会話本1冊でも持っていけば十分ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました