【コロナ対応】ピースボートキャンセル規約・取消料まとめ

スポンサーリンク
ピースボート
ピースボートが2021年から新チャーター船「パシフィック・ワールド号」による世界一周クルーズを行うことを発表しました。

本来は2020年4月から「オーシャン・ドリーム号」と「ゼニス号」での2隻体制となるはずでしたが、新型コロナウイルス感染拡大影響を受けクルーズは全て中止となってしまいました。

そこでピースボートはコロナ時代に対応した新たなクルーズスタイルを確立するために「パシフィック・ワールド号」での一隻体制への変更を決定。

発表されたばかりのパシフィック・ワールド号世界一周クルーズの行程・料金など気になるポイントをまとめました。

【2021年就航】ピースボート「パシフィックワールド号」料金・行程まとめ

2020.09.18

ピースボートクルーズで取消料が発生するのは出発90日前から。逆に言うと、それ以前のキャンセルすれば取消料は一切かからず全額返金されます。

それ以降のキャンセルは段階的に取消料が上がっていきます。

この記事ではピースボートクルーズのキャンセル取消料についてまとめました。

また、新型コロナウイルスの拡大影響を受けてキャンセルとなった3つのクルーズと夏以降の催行予定情報についても触れています。

ぜひ最後まで御覧ください。

コロナが原因でキャンセルされたクルーズは3つ

新型コロナウイルスの影響でキャンセルされたピースボートのクルーズは全部で3本になります

  • 3/8発 南洋の島々と春の九州・伊勢めぐり29日間
  • 4/8発 第1回ゼニス号世界一周クルーズ
  • 4/9発 第104回オーシャンドリーム号世界一周クルーズ

これらのクルーズ予約者には8月以降の世界一周クルーズに優待価格で変更できるプランが提供され、日程などの調整が叶わずクルーズを取り止めとされる方には旅行代金を全額払い戻しとしています。

8月以降はスケジュール通りの運行を予定

8月以降に出航する世界一周クルーズについては、安全・衛生に万全の備えをおこないスケジュール通りの催行を予定との記載もされています。

ただ、いつ収束するかわからない今回のコロナウイルス感染拡大。来年以降へのクルーズ延期を検討中の方へは検討しやすいプランも案内されているとのこと。

ピースボート通常のキャンセル規定

ピースボートクルーズのキャンセル料は公式サイトやパンフレットにも記載されているように、以下の通り定められています。

冒頭でも述べたとおり、出発90日より前のキャンセルに関しては取消料はかかりません。

取消日 取消料(1人あたり)
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって90日前以降61日前まで 旅行代金の5%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって60日前以降31日前まで 旅行代金の10%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって30日前以降21日前まで 旅行代金の20%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって20日前以降3日前まで 旅行代金の30%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって2日前(前々日)以降旅行開始日まで 旅行代金の50%
旅行開始後の解除
または
無連絡不参加
旅行代金の100%

ピースボートの実態は宗教?実際に乗ってきたので評判・正体を大公開

2019.01.26

コメント

タイトルとURLをコピーしました