【2022年12月就航】ピースボート「パシフィックワールド号」料金・行程まとめ

スポンサーリンク
ピースボート

ピースボートが2022年12月から新チャーター船「パシフィック・ワールド号」による世界一周クルーズを行うことを発表しました。

本来は2020年4月から「オーシャン・ドリーム号」と「ゼニス号」での2隻体制となるはずでしたが、新型コロナウイルス感染拡大影響を受けクルーズは全て中止に。

そこでピースボートはコロナ時代に対応した新たなクルーズスタイルを確立するために「パシフィック・ワールド号」を新たにチャーター。

この記事では発表されたばかりのパシフィック・ワールド号世界一周クルーズの行程・料金など気になるポイントをまとめました。

\\期間限定で最大47%OFF//



パシフィック・ワールド号(旧:サンプリンセス)の概要

今回ピースボートが新たなチャーター船として選んだのは「パシフィック・ワールド」。

プリンセス・クルーズ社が所有する船で、これまで「サン・プリンセス」という船名で運行されていました。

サン・プリンセスは1995年にイタリアで当時世界最大の客船として竣工。デビュー後はカリブ海やアラスカ航路で活躍しました。

2013年から日本発着クルーズに就航し、2019年にはJTBチャーターによる世界一周クルーズを成功させたと船として、日本のクルーズファンには馴染みのある船でもあります。

パシフィックワールド

  • 乗客定員・・・2,419名
  • 総トン数・・・77,441トン
  • 全長・・・・・261. 3メートル
  • 全幅・・・・・32.25メートル

パシフィックワールド アトリウム
パシフィックワールド シアター
パシフィックワールド ラウンジ
パシフィックワールド レストラン
パシフィックワールド レストラン2
パシフィックワールド ライブラリー
パシフィックワールド デッキ
パシフィックワールド プール

パシフィックワールドは海側客室数が全体の7割を占め、バルコニーキャビンは410室あります。

これまでの4人相部屋(フレンドリータイプ)はなくなりましたが、2人での相部屋は申込みもできるので、リーゾナブルな料金で参加可能となっています。

シングルエコノミー(通常料金410万4千円)
シングルエコノミー

ペアスタンダードバルコニーⅡ(通常旅行代金330万円)
ペアスタンダードバルコニー

ペアアウトサイドⅡ(通常旅行代金248万円)
ペアアウトサイド

ペアバルコニースイート(通常旅行代金720万円)
ペアバルコニースイート

画像:ピースボート公式サイト

【188万円から】パシフィックワールド世界一周クルーズ行程と料金

そして気になるのがパシフィックワールドの行程と料金です。

現時点では8本の世界一周クルーズと1本のショートクルーズの計9コースが発表されています。

以下はすでに配布が始まっている公式パンフレットから引用させていただきました(資料請求はこちらからできます。

第◯回の青いリンクをクリックすると各コースの詳細箇所(行程・料金一覧)へジャンプします

第113回 2022年12月出港 アフリカ・南米・南太平洋コース
第114回 2023年4月出港 北極航路 ヨーローッパ&中米コース
第115回 2023年8月出港 北中米&ヨーロッパコース
第116回 2023年12月出港 アフリカ・南米・南太平洋コース
第117回 2024年4月出港 北欧&アラスカコース
第118回 2024年8月出港 地中海・中南米・南太平洋コース
第119回 2024年12月出港 アフリカ・南米・オセアニアコース

第113回 22年12月発 アフリカ・南米・南太平洋コース

大航海時代の冒険家たちが切り開いてきた南半球へ。冬の日本を飛び出し、船は南を目指します。圧倒的な大自然が広がるアフリカの国々や情熱のリズムに心躍る南米、美しい海が広がる南太平洋の島々――。

さまざまな地球の表情と絶景に出会う、ピースボートクルーズならではの航路です。

2022年12月発 アフリカ 南米 南太平洋コースのクルーズ旅行 世界一周クルーズ旅行ならピースボートクルーズ
第113回 22年12月発 アフリカ 南米 南太平洋コース

第114回 23年4月発 北極航路 ヨーロッパ&中米コース

奇跡の瞬間、金環皆既日食観測と遥かなる極北の地へ。太陽と月がみかけ上ほぼぴったりと同じ大きさのときにだけ起こる天体ショー、金環皆既日食を観測した後、夏の極地の神秘・白夜の日々の中、美しい自然が息づく極北の地を訪れる特別な船旅です。

2023年4月発 北極航路 ヨーロッパ 中米コースのクルーズ旅行 世界一周クルーズ旅行ならピースボートクルーズ
第114回 23年4月発 北極航路 ヨーロッパ 中米コース

第115回 23年8月発 北中米&ヨーロッパコース

オーロラシーズンのアイスランド、紅葉シーズンのカナダ・メープル街道。地球が織り成す色彩美の世界にふれる、この季節だからこその世界一周クルーズ。

地球を東回りでまわることで、それぞれのシーズンに船の寄港を合わせています。多くの世界遺産が待つ寄港地をめぐりながら、そんな特別な体験ができるチャンスが待つクルーズです。

2023年8月発 北中米 ヨーロッパコースのクルーズ旅行 世界一周クルーズ旅行ならピースボートクルーズ
第115回 23年8月発 北極航路 ヨーロッパ 中米コース

第116回 23年12月発 アフリカ・南米・南太平洋コース

冬の日本を抜け出して、美しき南半球へ。野生動物との出会い、壮大な大地、憧れの南国リゾート、そして世界の美食を堪能します。

旅のハイライトは、リオのカーニバル開催中のブラジルへの寄港。南米最大の夏の祭典に期待が高まります。

2023年12月発 アフリカ 南米 南太平洋コースのクルーズ旅行 世界一周クルーズ旅行ならピースボートクルーズ
第116回 23年12月発 アフリカ 南米 南太平洋コース

第117回 24年4月発 北欧&アラスカコース

深く広大な森林地帯やかけがえのない野生動物の営み、そして、険しくも美しいフィヨルドの谷間を迫りくる大氷河――アラスカには、静謐な空気に包まれた大自然の絶景がどこまでも広がります。

頂に雪を抱いた急峻な山々や豊かな緑に彩られた沿岸部、悠久の時を刻む巨大な氷河の造形美を間近に望むフィヨルド遊覧は、この地ならではの特別な体験です。

恵み豊かな海と森が育んだ先住民族の文化も、アラスカの大きな魅力のひとつ。訪れる寄港地では、自然と共にある人びとの暮らしにふれられるでしょう。

第117回 24年4月発 北欧 アラスカコース
第117回 24年4月発 北欧 アラスカコース 料金

第118回 24年8月発 地中海・中南米・南太平洋コース

晩夏の日本を出航した船は、一路西へ。紺碧のアドリア海や地中海の寄港地をめぐり、5夜連続のオーロラチャンスが待ち受けるアイスランドを訪れます。

旅の後半は、「空中都市」を擁するペルーや、「絶海の孤島」イースター島をはじめとする南太平洋の島々へと寄港。赤道直下から北欧、南太平洋まで、地球の大きさを体感する壮大な旅が船出を迎えます。

第118回 24年8月発 地中海 中南米 南太平洋コースマップ

第118回 24年8月発 地中海 中南米 南太平洋コース工程

第118回 24年8月発 地中海 中南米 南太平洋コース料金

第119回 24年12月発 アフリカ・南米・オセアニアコース

赤道を越え、夏本番の南半球をめぐる船旅へ。息をのむような雄大な自然の光景、たくましく生きる野生動物たちの輝き、自然と文化が調和した美しい街並み——かつて大航海時代の船乗りたちが未知を目指して漕ぎ出した大海の先には、限りない感動と発見が待っています。

美しい地球の表情と出会う、特別なクルーズが出航の時を迎えます。

第119回 24年12月発 アフリカ 南米 オセアニアコースマップ

第119回 24年12月発 アフリカ 南米 オセアニアコース工程

第119回 24年12月発 アフリカ 南米 オセアニアコース料金

【最大割引47%】資料請求はこちらから

以上、現時点で発表済のパシフィックワールド世界一周クルーズの行程と料金をみてきました。

今回紹介した新コースのパンフレットは公式サイトから請求可能です。

ここでは紹介できなかった情報やクルーズの詳細も盛りだくさん。

無料なので興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください



タイトルとURLをコピーしました