【2020年JTB燦くるーず(きらめき)】料金と行程・見どころをまとめました

スポンサーリンク
代理店情報
(画像引用:JTB公式サイト)
こちらのコース催行中止が決まりました。

2020年10月に催行されるJTB燦くるーず(きらめき)のコース日程・料金をまとめました。

1989年の第1回クルーズから31年。博多港発着で実施してきたきらめきクルーズは2020年が第30回を迎えます。

今回は3月にリニューアルしたばかりの飛鳥2で行く日本一周クルーズ9日間。島国だからこそできる日本一周の船旅となっています。

日本各地の魅力を一度に味わうことができる旅として、人生の節目や特別な記念の旅としておすすめのコースです。

2020年10月JTB燦くるーず(きらめき)のコース概要

2020年のきらめきクルーズは第30回を記念し、顧客アンケートでも人気の高い寄港地が組み込まれています。

博多港を出発し日本海を北上しながら隠岐の島へ寄港。続いて北陸の小京都・金沢をめぐり、津軽海峡を抜け釧路へ。

太平洋側では北陸の宮古に寄港し南下、最後に四国の高知をめざします。

飛鳥Ⅱ燦 きらめき くるーず2020
画像引用:JTB公式サイト

旅行日程は以下のようになっています。

寄港地 入港 出港
10月8日(木) 博多 17:00
10月9日(金) 隠岐島 7:30 17:00
10月10日(土) 金沢 8:00 20:00
10月11日(日) 終日航海
10月12日(月) 釧路 8:00 17:00
10月13日(火) 宮古 8:30 16:00
10月14日(水) 終日航海
10月15日(木) 高知 9:00 14:00
10月16日(金) 博多 10:30

全行程9日間、ショートクルーズでは実現できない各種パーティーをはじめとする船内イベント・魅力ある寄港地での観光、船内の時間を満喫できる終日航海日など、クルーズ旅行の醍醐味を体験できる欲張りな日本一周コースになっています。

2020年10月JTB燦くるーず(きらめき)の料金一覧

続いて客室カテゴリーごとに料金を一覧にまとめました。

キャビンタイプ 早期割引代金
(2名1室利用)
早期割引代金
(1名1室利用)
通常料金
(2名2室利用)
通常料金
(2名1室利用)
K:ステート 422,000円 633,000円 468,000円 702,000円
F:ステート 445,000円 578,000円 563,000円 696,000円
E:バルコニー 537,000円 698,000円 632,000円 821,000円
D:バルコニー
D3:ディートリプル
550,000円 715,000円 648,000円 842,000円
C:スイート 849,000円 1,358,000円 976,000円 1,561,000円
A:アスカスイート 1,060,000円 1,696,000円 1,248,000円 1,996,000円
S:ロイヤルスイート 1,856,000円 3,712,000円 2,184,000円 4,368,000円

※早期割引適用は2020年4月30日で締切となりました

実際にJTBチャータークルーズに乗ってみた

私も一度JTBチャータークルーズに乗船したことがありますが、貸し切りでしか実現できない航路やオリジナルイベントの数々と、通常のクルーズとは違った楽しみがるのもチャータークルーズの大きな特徴です。

実際に乗って感じたメリットやデメリット・乗船記もまとめてあるので、ぜひ合わせてご覧ください。

【実際に乗ってみた】JTBチャータークルーズのメリット・デメリットを紹介

2020.04.22

きらめきクルーズの問い合わせ・申込みなど、詳細はJTBクルーズにお問い合わせください。

参考:JTB公式サイト:2020年きらめきクルーズパンフレット

コメント

タイトルとURLをコピーしました