ダイヤモンドプリンセス チップ制度はどうなっているの?

プリンセス・クルーズ社ではチップ制を導入しています。しかし実際は自動計算でクルーズの最後に請求されるためクルーズ中にチップの煩わしさをを感じることはありません。乗船者の利便性を考慮し、メインダイニングのウェイターとアシスタントウェイター、ルーム・スチュワードへのチップを船内の個人会計にチャージされます。

一人1泊あたりのチップ料金は、ジュニア・ スイート以上の方が13.95米ドル、海側バルコニー以下の方は12.95米ドルとなります(料金は 予告なく変更になる場合もあり)。金額の増減について希望される場合はゲストサービス・デスクにて申し出可能。また個人的にチップを渡される場合はゲストサービス・デスクにチップ用の封筒が用意されておりますので利用しましょう。

バーやラウンジ、ダイニングルームでのドリンク(有料のもの)、ロータス・スパ、ビューティーサロンでの サービス、フィットネス・センターでの有料プログラムには15%のサービス料を自動的に加算されています。その他のサービスについてはその都度各自の判断となっています(目安:ルームサービス1〜2 米ドル、カジノディーラー10〜15%)。

日本にはチップの習慣がないので戸惑いますよね。クルーズ慣れをされている方にとっても面倒なチップ制度ですが、プリンセスクルーズなら直接手渡しする必要がなく頭を悩ませることがないので助かります。

プリンセス・クルーズ公式サイトはこちら>> プリンセスクルーズ

激安!2018年ダイヤモンドプリンセス日本発着クルーズ料金まとめ

2018.09.04

あわせて読みたい

【2018年版】1泊1万円台から乗れる日本発着格安クルーズ客船紹介