ダイヤモンドプリンセス船内会計の精算方法は3種類ある

クルーズ旅行中は船内でドリンクを注文したり売店でお土産を購入したりと色々とお金を使う機会があるかと思います。

ダイヤモンドプリンセス号船内ではその都度クルーズカードにチャージする事になっているので現金を持ち歩く必要はありません。

船内で発生した会計は下船時に一括して精算する方式をとっています。その精算方法ですがダイヤモンドプリンセス号では3種類あります。

クレジットカードで支払う

クレジットカードでの精算を希望の方は、チェックインカウンターにて係員にクレジットカードを提示します。係員がその場でカードをスキャンし登録します。利用できるクレジットカードはVisa・MasterCard・JCB・Diners Club・American Expressの5種類です。

なお、登録されたクレジットカードが何らかの理由で使用不可の場合、船側は個人情報の都合により使用不可の理由を調べることは出来ません。お持ちであれば念のためクレジットカードを2枚用意しておけば、1枚目が使用不可の場合でも2枚目を登録し直すことが可能です。

おすすめクレジットカード >>年会費永年無料楽天カード

現金・トラベラーズチェック

現金またはトラベラーズチェック(米ドルのみ)での精算を希望の方は、チェックインの際に現金またはトラベラーズチェックで精算する旨を係員へ伝えます、乗船後にゲストサービス・デスクで預かり金として300米ドルを支払います(チェックインカウンターでは現金の受け渡しは行いません)。

船内で預けた金額を超えて利用された際は、追加入金が必要となります。
※トラベラーズチェックで精算する場合、一人1日あたり1,000米ドルまでの上限があります。上限を超えた場合は現金またはクレジットカードでお支払いください。

デビットカード

デビットカードでの精算を希望の場合、登録は可能ですがカード発行会社により会計毎や日毎に仮精算を行い下船日に最終的な精算を行う場合があり、またシステム上、二重に引き落とされ後日返金される場合(オーソリゼーション、与信)があります。できればクレジットカードをお持ちであればクレジットカードの利用をおすすめします。精算方法の詳細はカード発行会社へ確認ください。

プリンセス・クルーズ公式サイトはこちら>> プリンセスクルーズ

激安!2018年ダイヤモンドプリンセス日本発着クルーズ料金まとめ

2018.09.04

あわせて読みたい

【2018年版】1泊1万円台から乗れる日本発着格安クルーズ客船紹介