ダイヤモンドプリンセス号船内へのアルコール持ち込みはOK?

日本発着クルーズでは、アルコール飲料の購入および飲酒は20歳以上の方から認められています。1航海毎に、乗船地でのみワインまたはシャンパン(いずれも750mℓ以下)を一人1本まで無料で持ち込みOKです。一人あたり2本以上の持ち込みになる場合は、2本目からは持ち込み料が1本につき15米ドルかかります。

また、持ち込んだワインやシャンパンをパブリックエリア(ダイニン グルームやバー、ラウンジ)で飲む場合は、持ち込み料の有料/無料に関わらず開栓料として1本あたり15米ドルが船内会計に加算されます。客室で飲む場合は開栓料は加算されません。ワイン・シャンパン以外のアルコール飲料の持ち込みは禁止されています。

また、持ち込むアルコール飲料は、必ず手荷物に入れて持ち込むようにしてください。スーツケース等に入れ乗船港のポーターサービスや荷物配送サービスに預けてしまうと、セキュリティチェックで留め置かれスーツケース等の客室への届けがストップしますので十分に注意してください。

船内のブティックや出港後の各寄港地にて購入のアルコール飲料は船内で開封することはできません。船内のブティックで購入されたアルコール飲料はブティックのスタッフに、また寄港地で購入のものは乗船口のスタッフに一度預け、クルーズ最終日に客室へ届けられる仕組みになっています。

プリンセス・クルーズ公式サイトはこちら>> プリンセスクルーズ

激安!2018年ダイヤモンドプリンセス日本発着クルーズ料金まとめ

2018.09.04

あわせて読みたい

【2018年版】1泊1万円台から乗れる日本発着格安クルーズ客船紹介