ピースボートの費用を大公開!!100万円台で世界一周を大満喫

夫婦2人でピースボート世界一周クルーズに参加したときの総費用をまとめたので公開します。

クルーズ料金は部屋のタイプで数十万円単位で代わってきますし、船内有料サービスの利用やオプショナルツアーの参加などでもだいぶ違ってきます。

なのでここでは「あくまでも参考までに」という前置きをした上で、世界一周クルーズにかかった料金とその内訳を紹介したいと思います。

ピースボート世界一周でかかった費用

まずはかかった費用を項目別にリストアップします。

  • 基本料金(部屋はペアタイプ)・・・159万
  • ビザ代・・・3万8千
  • ポートチャージ・・・3万8千
  • チップ代・・・5万
  • 船内有料サービス・・・3万
  • オプショナルツアー・・・10万
  • 寄港地での出費・・・10万

細かい端数は省きますが、合計で約196万円という出費になりました。

別に狙ったわけではありませんがギリギリ100万円台に抑えることができました。ちなみにこれは夫婦2人で参加したときの1人あたりの費用です。

約100日間のクルーズだったので、1日辺り1万円台で世界一周クルーズに行くことができた計算になります。

飛鳥2の世界一周クルーズが一番安くても400万円台からということを考えれば格安ですね。

各出費の内訳

ではそれぞれの項目を少し細かく紹介していきます。

基本料金:159万

部屋はペアタイプのエコノミーと言うやつで早期割引を利用して159万円。通常料金が198万円のところ39万円もの大幅値引きなのでこれはかなり大きいですね。夫婦2人で78万円も浮いて、その分でほかの出費が全てまかなえたくらいです。

時間とお金が確保できて行く気満々なら、早期割引を受けることができる期間中に正式申込されることをおすすめします。これはほんと大きいですから。

ピースボートの部屋タイプは全部で10種類以上あり、どれを選ぶかによって基本料金が異なってきます。参加人数(相部屋・シングル・セミシングル・ペア)・窓あり/なし、バルコニーあり/なし等。

一番安いのはフレンドリータイプと呼ばれるもので129万円。一番高いのはバルコニー付きのペアタイプで395万円です。

ちなみにこの料金には宿泊料・食事代・移動代など基本的なものはすべて含まれています。クルーズってのは物凄く高くて豪華なイメージがあるかもしれませんが、これだけの内容で100日間の世界一周クルーズが1泊1万円台で可能なことを考えればむしろコスパの良い旅行だと思います。

ビザ代:3万8千

寄港地によってはビザが必要な国もあります。自分でビザを取得すれば少しは安上がりになるかもしれませんが、面倒だし何か手違いがあった場合入国できないかもしれないことを考えると代行して取得してもらったほうが良いと思います。

ポートチャージ:3万8千

飛行機に乗る時に払う空港使用料みたいなものです。港の使用料やパイロット船の手配料などに使われます。

チップ代:5万

文字通りチップ代です。サービスを受ける度にいちいちチップを渡すのは大変なので一括して払い込むというシステムが最近のクルーズ船では主流になっていて、ピースボートでも採用されています。

ここで紹介した「ビザ代」「ポートチャージ」「チップ代」は基本料金とは別に必ず支払いが必要なものになり、それぞれの費用はパンフレットに記載されているので必ず確認しましょう。なので基本料金とこれらの代金の合計が実質のクルーズ代金と考えて良いと思います。

船内有料サービス:3万

船内では様々な有料サービスが提供されています。主に

  • アルコール
  • ランドリー
  • インターネット
  • 美容院
  • マッサージ
  • 売店

があります。中でも一番大きいのはダイニングやバー・ラウンジでのアルコール代だと思います。

ドリンク料金はかなり良心的で例えばビールジョッキ1杯で450円・ソフトドリンクは200円くらい。ですが、100日ともなるとトータルでそこそこの金額になります(私はあまりアルコール飲みませんが)。途中で仲良くなった人と飲みに行くなんてこともあるでしょう。

アルコールは飲まない・洗濯はほぼ手洗い・ネットは寄港地でフリーWiFiを利用というのもありなので、船内での有料サービスは抑えようと思えばほぼゼロでも行けるかもしれません。

オプショナルツアー:10万

基本的には自由行動派なのでオプショナルツアーにはほとんど参加しませんでしたが、寄港地によってはツアーじゃないと見に行けない世界遺産や観光地があります。

例えばエジプトのピラミッドやヨルダンのペトラ遺跡、リビアのレプティスマグナのようなところは自分で行けるようなところでないのでツアーに参加しました。

オーバーランドツアー(一旦船から離脱する陸上ツアーのこと)なんかは別として日帰りツアーならだいたい1万円台で参加可能です。

寄港地での出費:10万円

これはホント人それぞれだと思います。タクシーの交通費・観光地の入場料・レストランでの食事・お土産などが主な出費でしょう。

あとここには書きませんでしたが、人によっては自宅から出航港までの交通費や前泊代・海外旅行保険(私はクレジットカード付帯の保険で済ませました)、パスポート取得・更新と言った雑費も必要になるかもしれませんね。

まとめ

かなりざっくりとした計算ですが、我が家のピースボート世界一周にかかった料金は1人約196万円でした。

世界一周クルーズという一生に一回の経験がこの金額で済んだ事を考えれば、決して高い旅行だったとは思いません。

むしろこれだけ楽しめてこの料金なら、いつかまた乗ってみたいと思うくらいです。実際ピースボートはリピーター率が高いらしく、船旅中に知り合った方の中には2回目、3回目といった方もいらっしゃいました。2周連続で乗船していますという強者もいらっしゃいました。

2020年にはピースボートの新造船も完成するらしく、是非新しい船にも乗ってみたいと思ってます。お金貯めるぞ!!

ピースボートエコシップで行く世界一周クルーズの行程と料金紹介

2017.10.20

世界一周クルーズが129万円から

ピースボートの世界一周クルーズ料金 街なかに貼られているピースボートのポスターを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ピースボートなら103泊104日のクルーズが129万円から。早期割引制度を利用すればさらにお得な料金で乗船も可能。おそらく世界で一番安い料金で世界一周クルーズを提供している会社です。

年に数回、かなりお手軽な価格でショートクルーズもやっているので初めてのクルーズ旅行にもおすすめです。

興味がある方はぜひ一度資料請求されてみてください。寄港地の見どころや各種割引プランなど掲載されたパンフレット、参加者の体験談や船内の様子や設備をご紹介するDVDも無料で付いてきます。