キューバクルーズに最安値でいけるおすすめ3つの豪華客船を紹介

2016年アメリカとキューバの経済制裁解除・国交回復に伴い大手クルーズ会社がキューバを寄港地のひとつに取り入れた新しいクルーズコースを発表しています。今回はキューバクルーズの魅力と日本から参加できるキューバクルーズを紹介します。

キューバクルーズおすすめのポイント

日本からはなかなかアクセスしづらいカリブ海ですが、アメリカ・ヨーロッパではクルーズ旅行の大人気エリアとなっています。独自の歴史や文化・建物・自然など魅力的なポイントが数多く有り、特に解禁されたばかりのキューバクルーズはすでに人気のコースとなっていてその魅力は以下の6つに代表されます。

  1. 独自の歴史と文化
  2. 美しい自然
  3. 物価が安い
  4. ハバナ(キューバ)の美しい街並み
  5. コスメル(メキシコ)のビーチ
  6. モンテゴベイ(ジャマイカ)の自然

各クルーズはキューバの首都ハバナを発着し、人気の寄港地である「モンテゴベイ(ジャマイカ)」「コズメル(メキシコ)」やその他グランドケイマン諸島などを回る7泊8日程度のクルーズが一般的です。

各寄港地共に、同じカリブ海に位置しながらそれぞれ独自の文化や建物・自然景観を持っていて美しいところばかりです。キューバは比較的治安も良く物価も日本に比べて安いというのもいいですね。

またどのコースも終日クルーズが日程に含まれているので観光だけでなく、船旅そのものも満喫できるようになっています。

ハバナ(キューバ)

ハバナ
文豪アーネスト・ヘミングウェイがこよなく愛した町。アメリカが1961年にキューバと国交を断絶してから経済制裁等もあり経済的に苦しい期間を長く経験してきましたが、国交正常化に伴い観光業など多くの分野で発展が見込まれる今大注目の国。ハバナの街中はアメリカのクラシックカーが多く走っていることでも知られていますね。

コスメル(メキシコ)

コスメルという名前は、マヤ語でツバメという意味があります。神として祀られた女神イシュチェルが愛したというツバメをこの島に放ったという迷信から名付けられた島だとか。マヤ人がこの島で居住していたとのいわれも残っており、数々の遺跡なども残っている歴史のある島でもあります。とくにマリンスポーツを楽しむ多くの観光客が世界中から訪れます。

コズメル

モンテゴベイ(ジャマイカ)

モンテゴベイ
ジャマイカの空の玄関口でもあるモンテゴベイ。モンテゴ・ベイの観光産業は1924年に最初のホテルが建てられたことに遡り、今日では超豪華なホテルからスタンダードなゲストハウスまで、幅広い宿泊施設が揃っています。5つのチャンピオンシップ・ゴルフ・コースがあるのは、カリブ海地域でもモンテゴ・ベイだけというほど、モンテゴベイはジャマイカNo1のリゾート地となっています。

おすすめのキューバクルーズ3選

ではここから日本からでも参加できるおすすめのキューバクルーズを3つ紹介します。各クルーズの出発日一覧・料金一覧等詳細情報はコース詳細の下にあるリンクをクリックして確認してください。

1.セレティアル・クリスタル号7泊8日 1242ユーロ~

日次 都市 入港 出港
1日目 ハバナ キューバ 9:30
2日目 ハバナ キューバ 17:00
3日目 プンタフランシス キューバ 8:00 15:00
4日目 シェン・フェゴス キューバ 8:00 15:00
5日目 モンテゴ・ベイ ジャマイカ 8:00 20:00
6日目 サンチャゴ チリ 9:00 15:00
7日目 終日クルーズ
8日目 ハバナ キューバ 9:30

>> セレティアル・クリスタル号キューバクルーズ詳細をみてみる

2.MSCオペラ7泊8日 579ユーロ~

日数 スケジュール/寄港地 国名 入出港 入港 出港
1 ハバナ キューバ 出港 –:– 23:59
2 ハバナ キューバ 入港/出港 時間 0:01 23:59
3 ハバナ キューバ 入港/出港 時間 0:01 17:00
4 終日クルージング 終日航海 –:– –:–
5 モンテゴベイ ジャマイカ 入港/出港 時間 8:00 19:00
6 ジョージタウン/ペナン島 ケイマン諸島 入港/出港 時間 8:00 15:00
7 コスメル メキシコ 入港/出港 時間 10:00 18:30
8 ハバナ キューバ 入港/帰港 13:30 –:–

>> MSCオペラキューバクルーズ詳細をみてみる

3.MSCアルモニア10日間(添乗員つきツアー) 258,000円~

※スマホの縦画面で見にくい場合は、端末を横にして御覧ください。

日次 曜日 日程 入港 出港 宿泊
1 (火) 羽田空港(18:50)発、エアカナダ006便にてトロントへ
トロント着後、乗継、ハバナへ
ハバナ(22:05)着後、送迎車にてハバナ港へ

ハバナ港にて『MSCアルモニア』乗船手続き
船内泊
2 (水)
ハバナ  (キューバ)
世界遺産ハバナ旧市街半日観光とクラシックカードライブ
●モロ要塞 ◎カピトリオ(旧国会議事堂) ◎ガルシア・ロルカ劇場 ◎支倉常長の像 ◎旧市街(サンフランシスコ広場、ビエハ広場、カテドラル広場、アルマス広場) ◯マレコン通り(クラシックカー乗車体験) ◎ホテルアンボスムンドス
OP文豪ヘミングウェイゆかりの地半日観光(昼食付)
●ヘミングウェイ博物館* ◎漁村コヒマル ◎フロリディータ ◎ボデギータデルメディオ
OPトロピカーナショー
ハバナ最大級のキャバレー「トロピカーナ」で、華やかな歌やダンスとお楽しみください
船内泊
3 (木)

ハバナ  (キューバ)
チェ・ゲバラゆかりの地半日観光
●チェ・ゲバラの邸宅 ◎カバーニャ要塞 ◎革命広場
◯ホセ・マルティ記念碑 ◎チェ・ゲバラ研究所
18:00 船内泊
4 (金) 終日クルーズ 船内泊
5 (土) モンテゴベイ(ジャマイカ)
モンテゴ・ベイの “モンテゴ”という言葉は、スペイン語でラードという意味の“マンテカ”が語源。かつてスペイン人が、野生の豚から取ったラードを、ここから船積みしていた事に由来します。グロセスター通り(通称ヒップ・ストリップ)には約1キロに渡ってリゾートホテル、土産物屋やビーチがひしめいています。
OPダンスリバーの滝登り
09:00 20:00 船内泊
6 (日)
グランドケイマン/ジョージタウン (ケイマン諸島)  
ケイマン諸島の3つの島の中でも最大の島でアメリカやカナダ、イギリスでは以前からダイビングパラダイスとして有名。世界一の透明度を誇り、美しいサンゴ礁の海や豊かな自然が豊富に残っています。
OPグラスボトムボートと島めぐり
09:00 15:00 船内泊
7 (月)
コスメル (メキシコ)
世界有数の透明度を誇る、美しい海を満喫してください。
(船会社主催のオプショナル・ツアーもございます)
10:00 18:00 船内泊
8 (火)

ハバナ  (キューバ)
下船後、送迎車にてホテルへ
15:00 ホテル泊
9 (水)

ハバナ (キューバ)
ホテルチェックアウト後、送迎車にてハバナ空港へ
ハバナ(07:30)発、エアカナダにてトロントへ
トロント着後、乗継、エアカナダ005便にて羽田空港へ
機内泊
10 (木)
羽田空港(17:05)着後、入国・通関の後解散

>> MSCアルモニアキューバクルーズ詳細をみてみる

あわせて読みたい

【2018年版】1泊1万円台から乗れる日本発着格安クルーズ客船紹介