大自然の絶景に大感動!!アラスカクルーズ乗船記ブログまとめ

今回は過去にアラスカクルーズに参加された方々の乗船記ブログ・日記サイトをまとめました。

公式サイトやパンフレット等ではなかなか知ることが出来ない実際のクルーズの雰囲気が伝わってくる記事も多く、これらの乗船記を読んでいるだけで楽しくなってきます。

アラスカクルーズ乗船を検討されている方の参考にもなると思います。是非最後まで御覧ください。

ディズニー・ワンダーで行くアラスカクルーズ乗船記

絶壁の山々に囲まれたフィヨルドを航行しながら氷河を間近で見学。大自然の雄大さを感じることが出来るアラスカクルーズはカリブ海・地中海に並ぶ人気のコース1つです。

しかもあのディズニーがアラスカクルーズをやっているんですから乗船しないなんてありえません。

ということで今回はディズニー・ワンダー号で行くアラスカクルーズ8日間の様子を紹介したいと思います。

乗船記の続きを読む → https://tech-swing.net/cruise/disney-wonder-alaska/

アラスカ・クルーズ旅行 ホーランドアメリカ・ザイデルダム号

アラスカのクルーズ船は、数社が複数の船を運行しているけれど、その設備や運行経路はさまざま。
今回は、インターネットや口コミでダンナが綿密なリサーチを重ね、

●運行経路(バンクーバー発着でグレーシャー・ベイ国立公園に寄ること)
●部屋の設備(バスタブがある、インターネットが使えるなど)
●船の大きさ(大きい方が揺れない??)
●値段

を考慮した結果、ザイデルダム号が最適!となったのでした。

ザイデルダム号は、10階建て、8200トンの大型船。
写真じゃわかりづらいけど、これが船!?と思っちゃうほどの、まるでビルのような迫力!
約1,100人の乗客と800人のクルーを乗せて、バンクーバーから7泊8日かけて南アラスカのインサイド・パッセージと呼ばれるフィヨルドの内海を周ります。

乗船記の続きを読む → http://mitanboo.exblog.jp/13337127/

ホーランドアメリカウェステルダム アラスカクルーズ

アラスカのクルーズシーズンは夏なので、オーロラは見られませんが、世界遺産の国立公園や野生のクジラ、ラッコ、グリズリーなどが見られる超人気航路。これだけ人気なのは、単にアメリカ人にとって近くて行きやすいという理由だけではないはずです。
というわけで今回はホーランドアメリカラインで行くアラスカクルーズです。

ホーランドアメリカといえば、洋上の美術館とも呼ばれる豪華な内装と、濃紺のシックな船体が好印象ですが、乗客の年齢層が高いという評価もあります。リタイアメント向きの、静かな雰囲気なのかな?
これまで外国船は価格重視のカジュアル船にばかり乗っていて、プレミアム船は(リバークルーズを除くと)初めてでもあるので、どんな違いがあるか体験してきたいと思います。

乗船記の続きを読む → http://monchack.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305763724-1

ディズニー・ワンダー アラスカクルーズ7日間

ふと、クルーズの日程をみてみると、8月末から
のアラスカクルーズを発見。「アラスカクルーズ、どう?」という
ことで、行ってきました!初・ディズニークルーズライン!!!
船なんて興味ないしと思ってたけど・・・・さすが、ディズニー。
思いっきり、魔法にかけられました(笑)

乗船記の続きを読む → http://maclily.jimdo.com/2012-dcl%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AB%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%98/

DCL ディズニークルーズで行くアラスカ旅行記

さようなら、、トレイシィ・アーム

地球温暖化により、アラスカの氷河はあと数年で見られなくなるという
アラスカ・クルーズもこの時期だと流氷も多いが、夏になると溶けてしまうのでグッと少なくなるとか、、、
流氷と氷河の寒そうな景色を望みたい場合はなるべく6月の頭に行くのがおススメ

乗船記の続きを読む → http://deepumizaru.sakura.ne.jp/20150601.html

コーラルプリンセスで行くアラスカクルーズブログ

アラスカの風景はやはり、日本では見られない壮大でダイナミックなもの

部屋にいて朝焼け夕焼けが眺められて、目の前に海原

遠くに雪山と何とも贅沢な日々でした。

アラスカは雨が多いと言うのに、旅の間、天気も良い上、気温が高くて

かなりラッキーな日々でした。

乗船記の続きを読む → http://iku20813.ashita-sanuki.jp/c26650.html

ゴールデンプリンセスで行くアラスカクルーズ

地方発9日間の休みで7泊8日のアラスカクルーズに参加できます。
シアトルから出発して、
ジュノー、スキャグウェイ、グレーシャーベイ、ケチカン、ビクトリアを巡ってきました。

個人手配の家族旅行記です。

乗船記の続きを読む → http://4travel.jp/travelogue/10702254

サファイアプリンセス7泊8日

アラスカ・クルーズは数社が運行しているが、クルーズ後出来るならば北米最高峰のマッキンリー(6,194m)にお目にかかりたい、9月ならオーロラを見るチャンス、などと欲張ってプリンセス・クルーズ社の「アラスカ・クルーズとマッキンリー、デナリの旅12日間」に参加するのがベストと考えた。折角だからオーロラ観測のチャンスを増やそうとフェアバンクス滞在を加えたり、フェアバンクスからだと帰路はシアトル経由が便利なのでついでにセーフコ球場にも行きたいなど次のような日程になった。

乗船記の続きを読む → http://jijimiya.dip.jp/jijimiya_blog/%E6%97%85%E6%97%A5%E8%A8%98/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AB%E6%97%85%E8%A1%8C/

シアトル発クラウン・プリンセスアラスカクルーズ乗船記

先日行ってきました10日間の 『アラスカ・クルーズ』 のご報告に入ります
行く先は 『インサイドパツセージ』 といい、アラスカがカナダの太平洋沿岸部に沿って細長く突き出した部分で、通称『鍋の柄(バンハンドル)』と呼ばれる部分で沢山の島と複雑に入り組んみ、氷河の流れ込む狭い海・・・です
成田からシアトルに飛び、クラウン・プリンセス号に乗船、その夕方に出港というあわただしい旅の始まりでした

乗船記の続きを読む → http://toraneko-tora.blog.so-net.ne.jp/2016-07-23

クラウンプリンセス号で行く感動のアラスカクルーズ10日間

2016年6月4日から13日まで10日間のクラウンプリンセス号で行く(総トン数 113561トン 乗客定員3082名 船籍はバミューダ)
関西空港から飛行機に乗る。
成田で乗り継ぎ、アメリカのシアトルまで8時間半(時差-16時間)
日付変更線を通過するので1日目の6月4日は1日が40時間を超える 長い一日。何だかとてもお得をしたような気分でした。機内食2回。これからのじんせい、1日が40時間だったらう、れ、し、い?んだがなぁ
シアトル着が日本で家を出た時間の朝9時半である。22度、快晴

乗船記の続きを読む → http://yukihime70.exblog.jp/24463102/

ノルウェージャンクルーズ アラスカ7日間

仲良しの元同僚が、すっかり値下がりしたディスカウントチケットで家族を連れてアラスカクルーズに行ってきて、超よかったよ~(^o^)/と言っていたので、自分も8月半ばからクルーズのチケットの価格をチェックしていたら、通常お一人様 1,400ドル(14万円ぐらい)が、499 ドル(5万円)と破格のお値段になっていたので、これはもぉ絶対行くべし!とチケット購入(なんとこの一週間後には 399 ドルまで下がっていて、持ってけドロボー状態でした)

乗船記の続きを読む → https://underfifty.blogspot.jp/2013/08/3-10-7.html

アラスカクルーズ ウェステルダム乗船

この日をいちばん楽しみにしていました。アラスカクルーズのハイライト、グレーシャーベイクルーズです。

グレーシャーベイはアメリカ最大の国立公園で、豊かな森林と数多くの野生動物が生息、湾には16の氷河が流れ込んでいます。その氷河を見るにはクルーズ等の船を利用するため、見られる氷河は限られているとのことです。

乗船記の続きを読む → http://4travel.jp/travelogue/11067540

あわせて読みたい

【2018年版】1泊1万円台から乗れる日本発着格安クルーズ客船紹介