【コスパ最強】コスタネオロマンチカ料金とコスタクルーズ7つの魅力

コスタネオロマンチカによる2018年日本発着クルーズの料金が発表されました。

コスタクルーズは1泊1万円台からと業界最安値レベルで日本から本格的クルーズを楽しむことができるということで日本でも毎年大変な人気を博しています。また13歳未満の子供はクルーズ料金が無料になるということもあり家族連れで参加される方も多くなっています。

2018年は4月から6月にかけて太平洋クルーズを、7月~8月にかけて日本海クルーズを行ないます。

今回はコスタネオロマンチカで行くクルーズの魅力7個と全コースの料金・寄港地・日程詳細を紹介します。

コスタネオロマンチカ2019年のクルーズと料金が発表となりました。こちらのブログの情報が最新詳しいので参照ください。

参考:はたのブログ「【コスタネオロマンチカ料金まとめ】実際のクルーズ乗船明細も大公開」

コスタネオロマンチカについて

コスタネオロマンチカ
コスタネオロマンチカはイタリアに本社を置くコスタクルーズが所有する豪華客船。1993年に建造されコスタクルーズのフラッグシップとして活躍しました。

10万トン、20万トンと客船の巨大化が進む中、総トン数5万トン強のコスタネオロマンチカは中型サイズの客船としてカテゴライズされ(とは言っても乗客・乗員合わせて2,500人が乗れる大きな船です!!)、巨大客船が入港できないような小さな港にも寄港できる事を強みに世界中の魅力ある寄港地を回っています。

2018年の日本発着クルーズにもその強みを活かして、普段なかなか訪れることができない港に寄港します。

船舶情報

  1. 総トン数:56,769
  2. 全長:220.52m
  3. 全幅:30.79
  4. 初就航:1993年11月
  5. 船籍:イタリア
  6. 乗客定員:1,572人
  7. 乗組員定員:622人
  8. 乗客用デッキ数:10
  9. 全客室数:789室

コスタネオロマンチカで行くクルーズ7つの魅力

1.本場のイタリア料理と選べる食事

食事
クルーズの楽しみは何と言っても食にありです。本場のイタリア料理だけでなく日本料理やアジア・諸外国の料理を好きなだけ食べることができます。

1日5回の料理を含め基本的には軽食やルームサービスなども含めると24時間船内のどこかで食事をすることができます。もちろんメインダイニングやビュッフェレストランなど基本の食事はクルーズ代金に含まれています。

2.スパ&ウェルネス

ジム
最新のジム設備が整った施設がクルーズ中の健康美をバックアップ。ジョギングで汗を流した後はスパやジャグジーでリラックスしましょう。

3.魅力あふれる寄港地

寄港地
長年日本発着クルーズを行っているコスタクルーズがその経験と知識を元に選び抜いた最高の日本航路。2017年はウラジオストック(ロシア)等更に新しい寄港地も加わりました。

4.エンターテイメント&アクティビティ

エンターテイメント
ショーやエンターテイメントは本場イタリアからの直輸入!船上では様々なアクティビティが行われていてゆっくりしている暇はありません。

船旅は何もすることが無くて退屈だというイメージが吹っ飛びます。

5.キッズの為のイベント&アクティビティ

コスタクルーズ 子供
クルーズは大人の旅なんて誰が決めたのでしょう?ネオロマンチカでは子供の為のイベントが盛り沢山なので家族連れでも十分楽しむことができます。

しかも13歳未満の子供はクルーズ料金が無料となっています。ゴールデンウィークや夏休み等の長期休みは子連れでの乗客であふれかえるほどの人気です。

また専門スタッフによる託児サービスもあるので、大人だけの一時を過ごしたいという方にもおすすめのクルーズです。

コスタネオロマンチカなら13歳未満の子どもクルーズ料金が無料

2017.04.13

6.日本人向けのサービスが充実

コスタネオロマンチカは外国籍のイタリア船。クルーも大多数が多国籍の外国人で構成されていますが日本語スタッフが多数乗船。

船内のアナウンスやメニュー等は全て日本語になっていますし、食事では日本食も準備されています。その他日本人向けの細かい配慮も随所に見受けられ言葉の心配は不要です。

7.シルバー、シニア世代にも優しい船

船内はバリアフリーになっているのでご高齢の方でも不自由なく過ごすことができます。旅行に行きたいけど移動が大変でなかなか行くことができないという方にはクルーズ旅行はおすすめです。

寝ている間に次の日の朝には次の寄港地に到着ですから。乗組員スタッフのサポートもあるので車椅子を利用されている方でも安心して参加できます。

2018年コスタネオロマンチカクルーズ料金

クルーズ料金は2018年から初の変動制料金を導入。出発日・コース・参加人数・部屋ランクでかなり変動します。

例えば6泊7日のクルーズに2名1室利用で参加すると最安値は1人69,800円ですが、同じ出発日でスイートを利用となると316,800円と5倍近くの差が出てきます。

このクルーズ基本料金に加えて港湾税(18,00円~25,800円 大人・子供共通)とサービス料としてチップ(1クルーズあたり大人1人US$81~132/子供US$40~66/4歳未満 無料)が必要になってくるので注意しましょう。

2018年4月~6月 太平洋クルーズ(東京<横浜>、神戸発着)料金

コース名 泊数 料金
済州島・九州ロマン紀行7日間 5/13,14発
6/10,11発
108,800円~491,800円(早割利用)
済州島・九州ロマン紀行 片道クルーズ7日間 6/24発 69,800円~316,800円(早割利用)
太平洋周遊1WeeKクルーズ釜山コース8日間 4/21,22発
5/6,7発
6/3,4発
126,800円~572,800円(早割利用)
太平洋周遊1WeeKクルーズ済州島コース8日間 5/27,28発 126,800円~572,800円(早割利用)
南国島めぐりクルーズ9日間 4/28,29
6/16,17発
140,800円~755,800円(早割利用)
日本一周グランドクルーズ9日間 5/19,5/20発 140,800円~641,800円(早割利用)

2018年7月~8月 日本海クルーズ(福岡、舞鶴、金沢発着)料金

コース名 泊数 料金
お気軽日本海ショートクルーズと釜山5日間 7/10,11,12発
7/26,27,28発
8/16,17,18発
72,800円~391,800円(早割利用)
古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山6日間 6/30,7/1,2発
7/5,6,7発
7/21,22,23発
8/6,7,8発
8/11,12,13発
8/20,21,22発
91,800円~456,800円(早割利用)
日本海満喫1WeeKクルーズ8日間 7/14,15,16発 126,800円~572,800円(早割利用)
日本海周遊と東北ねぶた祭り8日間 7/30,31,8/1発 138,800円~627,800円(早割利用))

コスタクルーズ乗船記ブログ・口コミ特集とおすすめクルーズ代理店紹介

2016.10.11

あわせて読みたい

【2018年版】1泊1万円台から乗れる日本発着格安クルーズ客船紹介